fave!
お気に入りと気になるあれこれ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジミ模型GTI DXバージョン
2008年06月02日 (月) 00:17 | 編集
blog_gtidx01_080601

先日のエントリーで紹介した、GTIプラモデルのDXバージョンのキットを購入してきました。

最初からこの状態で発売してくれれば良かったのになぁ~なんて思ったりもしますけど・・・

ノーマルバージョンとDXバージョンのキットとでは、ある面では決定的な差があるのは間違いないですけど、はっきり言ってトータル面では大差ないかな?というのが正直なところです。

ノーマルバージョンからDXバージョンへの変更点は

1)エッチングパーツの追加
2)メタルシールの追加
3)インテリアのドア内側パネルのパーツの造形変更

の3点でしょうか・・・

エッチングパーツとメタルシールはこんな感じです。
blog_gtidx02_080601

※両パーツが一袋に入っている状態で撮影してしまいましたので、メタルシールの存在がちょっとわかりづらくなっちゃってますね(^^;)

僕ははっきり言って、このDXバージョンを”メタルシールのみ”を目当てに購入したと言っても過言ではないかも知れません(^^;)

フロントグリルとリアドアに付いている”VWマーク”と”GTIエンブレム”を印刷された平面的なデカールで再現するのと、メッキの質感をもったメタルシールで再現するのでは、仕上がりに雲泥の差が出てしまいます。
このメタルシールの存在こそがノーマルバージョンとDXバージョンのキットとの決定的な差といえますね。

逆に・・・ノーマルバージョンとDXバージョンの価格差を大きく広げる原因となっているエッチングパーツについては、かなり微妙な存在と言わざるを得ないですね(^^;)

中でも、GTIの個性ともいえるフロントの”ハニカムグリル”を再現?するためのエッチングパーツが付属しているんですけど、はっきり言ってこれは意味不明です(^^;)

実車のGTIのハニカムグリルは金網でも無ければ、パンチングメッシュでも無いわけで・・・

ノーマルバージョンで再現されているプラパーツで十分です(^^;)

ここをエッチングパーツで作ったりなんかしたら、実車の雰囲気をこれっぽっちも再現出来ないことは間違いないです・・・はい。

その他のエッチングパーツとしては
ブレーキディスク、A・B・Cペダル、シートベルト周りの金具、ナンバプレートのフレーム、ドアパネル内側のスピーカーカバーの網、センターコンソール上部にある間接エアコン吹き出し口の網・・・
と言ったようなパーツが付属しているんですけど、どのパーツも後付け感が強くて、エッチングパーツを用いることでリアル感がどの程度アップするのかとなると、かなり微妙なんですよね(^^;)

と言うわけで、せっかくのエッチングパーツですが、現在制作しているキットでは、エクステリアに関するエッチングパーツを部分的に使用するだけで、それ以外のエッチングパーツは現在のキットが完成した後に、インテリア部分だけ改めて作る気になったら使用するつもりです(^^;)

さぁ、そろそろ本気で完成を目指そうかな~(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。