fave!
お気に入りと気になるあれこれ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MG ザクII Ver,2.0 制作中
2007年08月05日 (日) 23:55 | 編集
blog_zakuv2_070805

久々(およそ18年ぶり)のガンプラ作りが楽しくて楽しくて・・・
毎日少しずつですけど、時間を見つけて組み立てています(^^)

現在、マスターグレードモデルの特徴ともいえる”内部フレーム”の部分がほぼ組み上がった(写真の状態)という状況です。

小ぶりで丸い頭と、左肩のアーマー部分のフレームでどうにかこれがザクのフレームだと判断できるでしょうか(^^;)

ワンポイントとなるアクチュエーターの部分にシルバー&ゴールドの塗装をしていますが、それ以外のフレーム部分は全て”無塗装”で組み立てています。

素材となっているABS樹脂そのものに素材の色として”半ツヤ”があるので、この”半ツヤ”をおさえて”ツヤ消し”にするための表面処理だけは行いましたが、あくまでもこれは”内部フレーム”ですからねぇ・・・最終的に全てが完成すると、外からはほとんど見えなくなってしまうんですよね(^^;)

実際に組み立ててみると、改めて現在のガンプラのすさまじい進化ぶりを思い知らされます(^^;)

何も難しいことを考えずに、説明書通りに部品を切り出して、パチパチとはめ込むように組み立てていく(接着剤は不要)だけで、なんの不満もないプロポーションと、多彩なポージングが可能な超可動構造のガンプラが出来上がるとは・・・
(※僕の場合は、とりあえず内部フレームから組み立ててみたかったので、上記の”説明書通り”の組み立て手順は無視しています)

ガンプラをきれいに組み立てるためには、何よりも全塗装することが必須で、さらにこだわって仕上げるならパーツとパーツの合わせ目を消して・・・なんていう、一昔前(笑)のガンプラ(に限らず、プラモデル全般)では当たり前だったような作業が、マスターグレードモデルではほぼ不要となっているといっても過言ではないですね(^^;)

まぁ、塗装に関しては、こだわるならば手を抜かない方が良いに越したことはないですけど・・・


さて・・・
引き続き、外装部分(ザクで言うところの緑のパーツね)の組み立て作業に入るわけですが。
一応こちらは塗装の作業をしようと思っていますので、時間を見つけて部分的に作業するというのはちょっと難しそうですね(^^;)

それにしても。
組み立て作業ってホント楽しいですね(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
18年前は既にガンプラ卒業していました(笑)最後に作ったのが中学の時に作ったサザビーかな。確か映画もそのころ上映していたと思うんですけど?

自分はいつも途中で挫折していてAE社に組み立て依頼していました(嘘爆)
2007/08/06(月) 20:28 | URL | ken #-[編集]
>kenさん
どもです(^^)
僕が最後に作ったのが、確か高校に入ったばかりの頃で・・・
OVA「0080 ポケットの中の戦争」を見た影響で、アレックスとかザクFZとか、いろいろ作りましたね(^^;)

ホント、いまどきのマスターグレードのガンプラはAE社もびっくりの出来映えで組み立て作業そのものがこんなに楽しいプラモデルも珍しいですよ(笑)
2007/08/07(火) 00:56 | URL | domino #aMJH9H4M[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。