fave!
お気に入りと気になるあれこれ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新・世界の7不思議
2007年02月07日 (水) 23:52 | 編集
blog_kiyomizu_070206

世界の7不思議・・・
言葉としては良く聞きますけど、実際に色々と調べてみると世界の7不思議ってその時代によってさまざまに変化しているようなので、明確な7つの不思議を絞り出す事が難しいんですね~(^^;)

そんな中、現代の7不思議「新・世界の7不思議」を選出しようという動きがあるのをご存知でしょうか?

スイスにある「ニュー・セブン・ワンダーズ財団」という団体によって、2007年7月7日という7並びの日に、ネットなどを通じて世界各地から集められた投票によって「新・世界の7不思議」を選出しようという動きが進められています。

そして現在、投票を受け付ける最終候補が21件に絞り込まれ、世界各国からの投票を受け付けているという段階となっています。

最終21候補に選ばれているのは

ピラミッド(エジプト)
エッフェル塔(パリ)
イースター島のモアイ像(チリ)
万里の長城(中国)
ストーン・ヘンジ(イギリス)
タージ・マハル(インド)
オペラ・ハウス(オーストラリア)
自由の女神像(アメリカ)
マチュ・ピチュ(ペルー)
ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)
クレムリン宮殿と赤の広場(ロシア)

等々・・・

さすがは「新・世界の7不思議」の候補地として選ばれているだけあってどの候補地(建造物)も蒼々たる顔ぶれですね~

そんな中、我が日本から京都の「清水寺」が最終の21候補に残っているんだそうです!
でも・・・正直選出されるのは厳しいでしょうねぇ~(^^;)

詳しくは「ニュー・セブン・ワンダーズ財団」の公式サイト(日本語)をご覧下さい。

それにしても・・・
世界の7”不思議”という日本語の表現を考えると、上記のような候補地はさほど”不思議”でも無かったりしちゃいますよね~(^^;)

どうやらこれは、”不思議”と訳してしまった日本語訳がおかしいようで、本来は「世界の7つの驚くべき景観」とか「世界の7つの必見の景観」とかそういった意味だったようなので、本来は”不思議”と言った意味合いは無いものなんですね(^^;)

「wonder」を”感嘆(驚嘆)”と訳さずに”不思議”の方で訳してしまったのがのが良くなかったんですかね~(^^;)


それはさておき、どこが選ばれるのか・・・
今年の七夕に行われる発表を楽しみに待ちましょうかね(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
決戦はリスボンで!
はーい、よく存じております(笑)
画像まで一緒でビックリだー!
清水寺がノミネートされていること自体が「不思議」だったりしますよね。

追伸:コメントの後TBをしましたが、反映されないので何回か試してしまいました。
もしかしたら、後程連続で反映されちゃうかもしれないので、その節はお手数ですが削除をお願い致します。
全く反映されないようなら、また後日お邪魔致します (^^ゞ

追伸2:どうしてもTBが飛びません。
またラヴログが絶不調なのでそのせいかな?
いずれにしてもまた様子を見てTBにしにきますが、記事のリンク先だけ貼っておきまーす。
↓  ↓  ↓
http://blogs.dion.ne.jp/gulf_stream/archives/4530024.html
2007/02/08(木) 01:20 | URL | ハマのひろくん #3H1cMb32[編集]
>ハマのひろくんさん
どもです(^^)
・・・そうですよね~、こういった話題はまさにハマのひろくんさんのフィールドですよね(^^)

で、ハマのひろくんさんのブログは毎日ちゃんと覗かせてもらっているはずなんですけど、ずいぶん前に同じ話題を扱っておられたことに全く気がついていませんでした(^^;)
スイマセンm(_ _)m

ホント、どうして「清水寺」が選ばれたのか不思議ですよね~

トラバ、飛んできてませんね(^^;)
ラヴログはまた調子が良くないんですか?
いつでもメンテナンスは出来ますから、どんどん飛ばしてやってくださいませ(^^;)
2007/02/09(金) 00:29 | URL | domino #aMJH9H4M[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。